FC2ブログ

category : 日記

ブラジルの水不足もようやく解消?

 2014年から去年にかけて、70年ぶりと言われた雨不足のせいで、サンパウロ州ではたいへんな水不足に見舞われましたが、
サンペードロ(聖ペトロ)は(兄弟である)サンパウロ(聖パウロ)を見捨てず、去年の暮あたりからかなり雨が降りはじめ、貯水池の水量もこのように回復しました。

下の写真は週刊誌の記事から拝借しました。

水不足がピークだった2014年7月のカンタレイラ貯水池の写真
水不足

赤い丸で囲っているのが、底水をくみ上げる大型ポンプ群。
普通の水取口は水位が下がり過ぎて使えなくなったため、急遽、大型ポンプを設置しました。
水不足1


これが今年3月の写真。ようやく普通にもどりつつあります。
水不足3


ちなみに、冒頭で書いたサンペードロとは、新約聖書に登場する人物で、イエス・キリストに従った使徒の一人で聖ペトロと呼ばれており、ブラジルでは”雨の神様”みたいな感じで敬われています。
というのは、ペトロは天国の入り口で、リストを見ながら天国へ行ける人を選別する役割を負わせられていたため、天国空の門番天気を自在に操れる聖人、となったようです

かたや、サンパウロ(聖パウロ)は”初期キリスト教の理論家であり、新約聖書の著者の一人でもあり、”キリスト教発展の基礎を作った人物”としてキリスト教徒たちから敬われており、サンパウロ州とかサンパウロ市とかという名前もこの聖人の名前に由来しています。

水不足は、もっともたいへんな時期を過ぎましたが、これから数年間は貯水池の水位が完全にもとにもどるまでは、水のムダ使い(長い間シャワーをあびる、庭やガレージを水で洗うなど)はできるだけ避けるようにしましょう。

資源は無限ではないのですから。
category : 日記  comment : 0  track back : ×

エイプリールフール

4月1日は日本では『4月馬鹿』の日と呼ばれています。

Wikipediaによれば、『エイプリルフール(英語: April Fools' Day)とは、毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のことである。4月1日の正午までに限るとも言い伝えられている。英語の"April Fool"は、4月1日に騙された人を指す。

エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿」
エイプリルフールの起源は全く不明である。すなわち、いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていない。有力とされる起源説を以下に挙げるが、いずれも確証がないことから、仮説の域を出ていない。

スパゲッティのなる木

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた[4]。しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。

インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。また、イングランドの王政復古の記念祭であるオークアップルデー(en:Oak Apple Day)に由来を求める説がある。


というような諸説が記載されています。

固い話しはこれくらいにして、今日は昔大ヒット(?)したエイプリールフールのジョークを紹介したいと思います。


スパゲッティの木

スパゲッティの木(スパゲッティのき)は架空の木であり、BBCの時事番組「パノラマ」で放送された、スイスのルガーノ湖近くにおけるスパゲッティの収穫という3分間のいたずらレポートの題材である。

このレポートは1957年にエイプリルフールのジョークとして制作された。暖冬とスパゲティゾウムシ(架空)の駆除によってスイスのスパゲッティが豊作であることが紹介され、伝統的な「収穫祭」の場面では交配の必要性についての議論が放送された。

また、著名なアナウンサーのリチャード・ディンブルビーによるボイスオーバーによって、もっともらしさを演出している。パスタは1950年代のイギリスにおいて日常的な食品ではなく、主に缶詰のトマトソースのスパゲッティとして知られ、一般には異国情緒ある食べ物とされていた。

ハートフォードシャーのセントオールバンズのロンドン通りにあったパスタ食品工場(後に閉鎖)とスイスのカスティリオーネのホテルで撮影された。

スパゲッティのなる木2


この話は「パノラマ」のカメラマン、チャールズ・ド・イエーガーが子供の頃にオーストリアの学校で、教師にスパゲッティが木に成ると信じるほど馬鹿だとあざけられた記憶から思いついた。

放送された4月1日に概算で800万人が視聴し、翌日には話の信憑性やスパゲッティの栽培方法、スパゲッティの木の育て方を尋ねる数百件の電話がかかってきた。伝えられるところによれば、BBCは「スパゲッティの小枝をトマトソースの缶に入れて上手くいくように願ってください」と回答した。

放送された当時、イギリスでは1580万世帯中700万世帯がテレビを所有していた。


当時のこんなビデオもあります。



こういうユーモア感覚は日本人には少ないと思いますけど、さにあらず()、こんな楽しい「エイプリールフール」動画がGoogleから出されました。(さすが米系のメジャー企業?)


リンク:http://news.mynavi.jp/news/2015/04/01/091/

「Googleパンダ」というのもあります

リンク:http://googlejapan.blogspot.com.br/2015/03/panda.html


マイクロソフトも負けていません。

リンク:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/02/news073.html

これなどは、実際にWindows Phone StoreからダウンロードしてLumiaなどの端末にインストールできる「MS-DOS Mobile」。表示されるコマンドプロンプトから、dir や date などのコマンドを入力して操作できるというからオドロキです。(なつかしいですね~




自動車メーカーも負けてはいません。

高級車で有名なアウディは、ご飯を愛してやまない日本人ユーザ向けに炊飯器付き特別バージョンを発売
炊飯器搭載高級車

炊飯器搭載高級車01

この特性しゃもじがバツグンにいいです
炊飯器搭載高級車02
リンク:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150401_695607.html

こちらは大衆車メーカーの雄、フォルクスワーゲン社は銭湯ならぬ、バス付きのマイクロバスを発売。
なんとわずか112万円で買えます

お風呂付きのワゴン車

お風呂付きのワゴン車02

お風呂付きのワゴン車03
リンク:http://web.volkswagen.co.jp/april1/2015/

どれも楽しい「エイプリールフール」ジョークばかりですが、純粋の日本企業には、こんなユーモアセンスをもつ経営者はいそうにありませんね...
category : 日記  comment : 0  track back : ×

初授業です

 今日、正式にモデル校での授業がはじまりました。

先月まではA先生の授業を見させていただきながら、担当することになる生徒さんたちと少しずつ親しみ、また学習のお手伝いをして来ましたが、これからは一人です。

やはり少し緊張しますね…

これが私が使うことになる教室です。

まだ生徒さんは来ていません。

次回は生徒さんの写真を載せようと思います。

P1080132.jpg

秋祭りも近いので、かなりの数の『とうろう』がすでに作られ学校の階段におかれていました。

P1080131.jpg

秋祭りの時は、きっと美しいとうろう流しとなることでしょう。楽しみですね♪





category : 日記  comment : 0  track back : 0