FC2ブログ

category : ニュース

Maior Árvore de Natal 世界最大のクリスマスツリー

A cidade portuária de Kobe do Japão, inaugurou no dia 2 de dezembro, a maior árvore de Natal do mundo.
日本を代表する有名な港町・神戸(兵庫県)では、12月2日、世界最大のクリスマスツリーが一般公開されました。

maior_arvore_de_natal_do_mundo.jpg


Essa árvore de Natal de Kobe é diferente das outras "Maiores Árvores de Natal" do mundo, pois se trata de uma árvore natural, ou seja, árvore natural mesmo!
この神戸の世界最大のクリスマスツリーが、世界のほかの国の”世界最大のクリスマスツリー”と違うところは、神戸のクリスマスツリーは本物の木だということです。

maior_arvore_de_natal_do_mundo2.jpg


Neste ano, a cidade de Kobe está comemorando 150 anos de abertura do seu porto.
E como um do eventos comemorativos, resolveram trazer uma árvore de 150 anos de idade com 30 metros de altura para utiliza-la como árvore de natal. A árvore de 150 anos de idade e 30 metros de altura foi tirado com raiz no meio da montanha de Toyama-ken, foi transportado com todo cuidado e foi intalado numa praça em Kobe. Será enfeitada, além da iluminação, com 800 placas refletoras, cada uma com um desejo escrito (foram selecionados através de sorteio) e agora está emebelezando mais ainda já linda paisagem noturna da cidade.

Placa com pedido. 願いを記した反射プレート
yumega-kanaimassuyouni.png



神戸港開港150年目を記念し、木のクリスマスツリーのイルミネーションを設置するプロジェクトが立ち上げられ、富山県氷見市の山中に生えていた樹齢約150年、高さ30メートルを超す針葉樹アスナロが根のついたまま大事に運ばれ、公募で願いを記した約800枚の反射材をツリーから伸びたワイヤにつるし、色とりどりのライトを当てて神戸港の夜景を飾りました。 (関連サイト:そら植物園


Vídeo de instalação da árvore na praça



Vídeo do dia da inauguração
category : ニュース  comment : 0  track back : ×

縄文土器でカップヌードルを食べませんか?Quer Comer Cup Noodle no Pote Jomon?

Se você é brasileiro (ou japonês/descendente japonês), deve conhecer cup noodole,
Aquele macarrão instantâneo (lamen) que vem num copo plástico. É prático e fácil de preparar, além de ser muito gostoso.

カップヌードル用「縄文土器」発売へ!

ブラジル生まれの人(日本生まれも)はカップヌードルって知っていますね?
あの、カップに入った即席ラーメンです。手軽に食べれておいしいので、好きな人も多いはずです。

Pote Especial para Cup Noodle カップヌードル用縄文土器イミテーション容器
joumon_nudle.jpg
Foto da Nisshin Alimentos


 A empresa Nissin Alimentos do Japão, lançou no dia 6 de novembro, pote especial que imita formato e desenhos da Cerâmica do Período de Jomon" (nota: Período Joumon (15000 anos A.C a 2300 anos A.C). O preço de cada pote é 59800 yens! (caro)
 日清食品は11月6日から、「カップヌードル専用縄文DOKI★DOKIクッカー」を15個限定で発売します。
カップヌードルを調理するための縄文土器の形をした器で、価格は59800円です。

Esse pote especial que imita carâmica típica do período Jomon foi confeccionada pela uma empresa de cerâmica que tem história de quase 250 anos nesse ramo, que tem sua sede na província de Aichi-ken, Japão, com coordenação da Editora Syogakkai (uma das maiores do Japão). O pote imita estilo e desenho de um verdadeiro achado arqueológico "Kaen-gata Doki" que é coniderado tesouro nacional do Japão.
 成型から焼き上げまでの全工程を、約250年の歴史を持つ愛知県の窯元である瀬戸本業窯が行い、小学館「和樂」編集部が監修、国宝「火焔型(かえんがた)土器」を所蔵する新潟県十日町市博物館の公認のもとで完成したそうです。

国宝「火焔型(かえんがた)土器」 "Kaen-gata Doki", que serviu como modelo
joumon_doki.jpg



joumon_nudle-.jpg


joumon_nudle-2.jpg



2017, é um ano significativo no Japão, pois faz exatos 100 anos desde que foi criado um vocabulário Kokuhou 国宝 (tesouto nacional) no Japão, por esse motivo, estão sendo programados vários eventos para comemorar centenário e a Nisshin Alimentos também resolveu participar dessa comemoração com esse interessante projeto.
 2017年は国宝という言葉が誕生してから120年目にあたる記念すべき「国宝イヤー」です。日清食品は、国宝のすばらしさや、おもしろさを広く伝える「国宝応援プロジェクト」に賛同し、今回、国宝を日清食品らしく盛り上げることはできないかと考え、制作に至ったそうです。

 ――カップヌードルと縄文土器の共通点は?O que tem de comum entre Carâmica Jomon e Cup Noodle?

Com a invenção da cerâmica Jomon, os homens de joumon aprenderam a cozinhar os alimentos que resultou na estabilização do local de moradia, que até então, os homens de Jomon eram tipo nomade, mudavam constantemente de moradia atrá de alimentos (na maioria caça e colheita). Da mesma forma, o cup noodle mudou conceio de macarrão instantâneo, facilitando e tornando mais prático a preparação e alimentação. Portanto, tanto cerâmica Joumon como cup noodle são invenções singulares na história de alimentos do Japão. Além disso, a base da carâmica Jomon é bem parecido com a forma do copo de cup noodle.
 縄文土器の誕生により、縄文人は食料を煮炊きすることができるようになり、定住生活をおくるようになったと言われています。またカップヌードルはそれまでの麺文化を全く違う姿へ導き、新しい食のスタイルを確立しました。その意味では、縄文土器とカップヌードルは日本の食史上における発明と言えます。またよく見ると、縄文土器の下部のフォルムがカップヌードルの形と似ているようにも見えます。

E por que será que a Nisshin resolveu vender somente 15 unidades pote? 
では、なぜたった15個しか販売されないのでしょうか?

É porque esses potes (feito de cerâmica mesmo!) são confeccionados por profissionais e leva muito tempo para confeccionar.
職人が1つ1つ手作りで制作しているため、発売までに制作できたのが15個です。

joumon_nudle-3.jpg


記事引用サイト
category : ニュース  comment : 0  track back : ×

Cão vira-lata tornou cão de salvamento 被災地生まれの犬、災害救助犬となる

O cão vira-lata que nasceu logo após o acidente nas usinas nucleares de Fukushika e que foi criado por Centro de Proteção aos Animais do Japão (ONG) e ganhou o nome de Jagaimo (batata em japonês) de 5 anos de idade, foi aprovado no teste para se tornar cão salvador e recebeu o cerificado oficial da Japan Kennel Club, órgão oficial que concede certificados aos cães).

福島第1原発事故後に生まれ、岐阜市のNPO「日本動物介護センター」で飼育されている雑種犬「じゃがいも」(雄、5歳)が、災害救助犬の試験に合格しました。
じゃがいもは、救助犬となるための挑戦を11回したのちに、ようやく厳しい試験を突破して見事救助犬と認定されたのです(認定団体はジャパンケネルクラブ)。「日本動物介護センター」は「被災地の励みにもなるのでは」と喜んでいます。

Jagaimo tournou-se cão de salvamento oficial
caes_de_salvamento.jpg
Jagaimo nasceu na vila de Iitate, na província de Fkushima, 3 meses após ter acontecido acidente nas usinas nucleares de Fukushima, Entretanto, como toda região de Iitate foi decretado como zona comprometida devido a radiação e o dono do Jagaimo não teve condição de criar o cachorro recem nascido, solicitou para o Centro de Proteção aos Animais achar um novo dono para criar.
Mas, como o presidente do centro de proteção aos animais tinha muita experiência em treinar cães para serem cães de salvamento, resolveu treinar o filhote do cão que deram nome de Jagaimo, e desde 5 meses de idade, colocou o Jagaimo no rigoroso programa de treinamento para ser cão de salvamento.
 
じゃがいもは、2011年3月の東日本大震災に続く原発事故から3カ月後、飯舘村関沢地区で生まれた。全域に避難指示が出されて飼うことができないため、里親探しを頼まれた同NPOが引き取った。
 救助犬の飼育実績のある山口常夫理事長(66)は、「被災地生まれの雑種を災害時に役立つ犬に育てられないか」と考え、生後5カ月から訓練を開始。人への服従、がれきの中の人の捜索などのトレーニングを重ねてきた。

Jagaimo, quando ainda era filhote
caes_de_salvamento-filhote.jpg

Jagaimo durante treinamento
caes_de_salvamento04.jpg


caes_de_salvamento01.jpg


O desafio de Jagaimo começou em 2012. Entretanto, devido a sua natureza de ser muito cauteloso, nos testes não conseguia terminar dentro do tempo estiplado, reprovou no teste repetidas vezes (chegou a ser reprovado por 11 vezes!).
Mas o seu treinador nunca desistiu, ele sentia que o Jagaimo, aos poucos estava entendendo que treinamento estava recebendo.
No ultimo teste que Jagaimo prestou, ele estava muito entusiasmado com rabo levantado e conseguiu concluir todas as provas com a metade do tempo estiplado e até que em fim conseguiu-se tornar o primeiro cão vira-lata de Fukushima que tornou cão de salvamento.

 試験への挑戦は12年秋から。強い警戒心が災いして制限時間内に捜索を終えることができず、不合格続きだったが、自宅にも連れ帰って世話をしてきた訓練士の上村智恵子さん(44)は「年も重ねて自信がついた。次第に自分が何の訓練をしているか理解するようになったようだ」と手応えを感じていたという。
 京都府内の訓練施設であった試験は、開始前から尾をピンと上げて上機嫌で臨み、規定時間の半分で4カ所の捜索を終えるなど成長を見せた。

caes_de_salvamento05.jpg

O presidente do Centro de Proteção aos Animais diz que esse episódio do jagaimo nos mostra o espírito de jamais desistir, e que a conquista do Jagaimo é uma grande notícia para ex-moradores da aldeia. 

山口理事長は「何回も試験に落ちたが、逆に『私も頑張らないと』というメッセージがたくさん届き、私も力をもらった。これから復興を迎える村にも吉報を届けることができた」と話している。
category : ニュース  comment : 0  track back : ×

Japoneses Vão Nomear Novo Elemento 113 113番元素の名前の案 「ニホニウム」

 O elemento núero 113 da Tabela Periódica que os cienstitas do Riken (*1) do Japão encontraram há 12 anos atrás, foi reconhecido oficialmente pelas órgãos internacionais no dia 8 de junho, e consequentemente, a Riken ganhou o direito de batizar esse novo elemento.

理化学研究所(*1)が12年前に発見した113番目の元素が、6月8日に国際機関によって正式に認められ、これにより日本はこの新元素に名前をつける権利を獲得しました。

(*1) RIKEN é a maior instituição de pesquisa abrangente do Japão famosos por pesquisa de alta qualidade em uma ampla gama de disciplinas científicas. Fundada em 1917 como uma fundação de pesquisa privado em Tóquio, RIKEN cresceu rapidamente em tamanho e escopo, hoje abrangendo uma rede de centros de pesquisa de classe mundial e institutos em todo o Japão.
(*1)国立研究開発法人理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ、RIKEN、Institute of Physical and Chemical Research)は、埼玉県和光市に本部を持つ自然科学系総合研究所。略称は「理研」。

元素周期表ニホニウム

Conforme esta oficialização, o nome do elemento número 113 será NIHONIUM, conforme Riken escolheu e havia enviado para os órgãos internacionais.
Este será o primeiro caso que um país asiático nomea um novo elemento descoberto!
この国際機関の正式承認により、理研では以前より申請していた「ニホニウム」という名前を、この113番目の新元素につけることになります。なお、アジア諸国の中で、新元素に名前をつけるのは日本が初めてとなります。













category : ニュース  comment : 0  track back : ×

金星探査機「あかつき」、軌道投入成功を可能にした女性研究者

金星探査 女性研究者の熱意

NHK NEWS WEB 11月26日より



日本で初めての金星探査機「あかつき」は、5年前に打ち上げられましたが、半年後、金星を回る軌道に入ることに失敗し、その後は、太陽の周りを漂うように回り続けています。その「あかつき」が、12月7日、本来の目標である金星を回る軌道を目指して再び挑戦することになりました。不可能とも言われたこの再挑戦の道を切り開いたのは、1人の女性研究者でした。

acatuki.jpg


5年前の悪夢

金星探査機「あかつき」は、5年前の平成22年5月、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット17号機で打ち上げられました。目的は、謎が多い金星の気象状況を調べることです。
金星は硫酸の雲で覆われるなど謎が多く、金星の気象を明らかにすることで、地球など、ほかの惑星の気象の仕組みの解明にもつながると期待されています。ところが打ち上げから半年後、金星を回る軌道に投入する際、メインエンジンが壊れるトラブルが発生し、軌道に入ることができませんでした。探査機にとって最も重要なメインエンジンを失った「あかつき」に再起の道はあるのか。チームでは、代わりに姿勢制御用の小型のエンジンを使うことで残された可能性を探ることになりました。

みずから志願し、軌道探し

はたして「あかつき」を再び金星に送り込める条件の良い軌道は存在するのか。この難題に向き合ったのが、JAXAの女性研究者、廣瀬史子さん(35)です。
廣瀬さんは広い宇宙空間を探査機が飛行する際の軌道の計算を担当しています。
5年前の失敗で落ち込む仲間たちを見て、この難題に挑戦しようと志願しました。
廣瀬さんは、志願したときの気持ちについて、「みんなのがっかりした表情が頭から離れず、なんとしても金星探査の道を開けないかと軌道の計算に臨むことにした」と話しています。

立ちはだかる“3つの条件”

廣瀬さんが挑んだ新たな軌道探し。それには「3つの条件」がありました。

▽ひとつめは、「十分な観測を行うため800日程度、金星の周りを回れること」。
▽ふたつめは、「金星を回る間、連続して日陰に入る時間を、90分以内にすること」。
  太陽光で充電するバッテリーが日陰では90分までしかもたないためです。
▽3つめは、「熱を逃がす放熱材の部分に太陽の光が当たらないよう姿勢を保つこと」です。

廣瀬 史子さん
廣瀬 史子


廣瀬さんは、パソコンだけでなく、手帳に計算を書き出し軌道を探し続けました。手帳を見せてもらうと、あるページには、「89」の数字がずらりと並んでいます。これは、ある軌道の1周目では、日陰に入る時間が90分以内に収まることを示しています。しかし、その隣には、200前後の数字が並び、2周目では、日陰の時間が200分前後となって条件を満たさないことを示していました。廣瀬さんは、こうして1つずつ数値や条件を変えながら2年半もの間、毎日、計算を繰り返してきました。まさに、寝ても覚めても、計算のことばかりを考えていたということです。そして、数万とおりの計算を経てついに、3つの条件を満たした最適な軌道にたどり着いたのです。チームの責任者は、廣瀬さんによる軌道の発見がなかったら、「あかつき」の再挑戦はなかったかもしれないとしています。



再挑戦を支えた手紙


答えを探してひたすら続けた軌道の計算。その支えになったというものを廣瀬さんに見せてもらいました。高校生のころ、NASA=アメリカ航空宇宙局へ出した手紙に、元技術者から届いた返事です。宇宙の分野で仕事をしたいと思ったらどんな勉強をしたらよいのかという廣瀬さんの質問に対し、届いた手紙には、「数学や物理など基礎的な学問を一生懸命、勉強することです。基礎的な学問が身につけば、なんでもできるようになります。あなたならできます」と記されていました。
廣瀬さんは、このことばを胸に秘め、勉強に、仕事に、励んできたということです。

運命の“12月7日”


じつは、今回の取材の中で、この手紙の中に、新たな発見がありました。手紙が書かれた日付は、「12月7日」。廣瀬さんが数万とおりの軌道計算の中から導き出した、「あかつき」再投入の日と同じだったのです。さらに、「あかつき」が5年前に軌道投入に失敗した日も「12月7日」で、廣瀬さんは、まさに運命的な日だと感じています。

金星と地球の大きさ比較。ほぼ同じ大きさの惑星です。
Venus_Earth_Comparison.png

実際には、金星は厚い大気(雲)で覆われており、四日で金星を一周するような猛スピードの風が吹き荒れていることもあって、普通の望遠鏡では下の写真のようにしか見えない。
金星


“難易度高い挑戦に”

神奈川県相模原市のJAXA相模原キャンパスにある管制室では、あらゆる事態に備えた訓練が繰り返されています。「あかつき」の責任者を務める中村正人(なかむら・まさと)プロジェクトマネージャは、今回は難易度が高い挑戦になるという認識を示していました。というのも、「あかつき」は4年の設計寿命を超えて、すでに5年余り飛行しているからです。また、当初の計画にはなかった太陽に近いコースを通っているため、熱にさらされ、機器が劣化しているおそれもあります。このため、エンジンを噴射させている間に故障してしまうおそれもあるということです。

再び「あかつき」を投入する12月7日、チームでは、午前8時51分ごろ、金星の上空500キロ付近で4つの小型エンジンをおよそ20分間、一斉に噴射させる計画でした。エンジンが作動したかどうかはその日のうちに分かりますが、探査機が金星を回る軌道に入ったかどうかが分かるのは、2日後になるということです。廣瀬さんの計算どおり、再投入は成功するのか。


金星探査機「あかつき」、周回軌道投入に成功

2015年12月9日読売新聞

宇宙航空研究開発機構(JAXA=ジャクサ)の金星探査機「あかつき」が9日、金星を回る軌道に入ったことがわかった。
関係者が明らかにした。日本の探査機が、惑星の周回軌道に入るのは初めてとなる。あかつきは金星の大気現象の解明をめざし、2016年春から本格的な観測に入る予定だ。

金星探査機「あかつき」のミッション (産経ニュースより)
acatuki_objetivo.png




日本の宇宙開発費は、2005年の時点で米国の15分の1以下、欧州諸国の3分の1以下の規模に過ぎなかったそうですが、10年経った現在もあまり変わりないでしょう。
その、本当にわずかな開発費でも、今回の「あかつき」や小惑星探査機「はやぶさ」などを成功させているのですから、日本の化学力は世界でもトップレベルにあることは確かです。
それにしても、女性の力ってすごいですね!

JAXAの廣瀬 史子さんのインタビュー記事はこちらで見れます。


               



category : ニュース  comment : 0  track back : ×