FC2ブログ
コメントは受け付けていません。

comment for フィナードスの日






カワイイ虫をクリックすると投稿できます。
↑Clique no bichinho para postar seu comentario

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/25 03:48 | edit
posted by
トラックバックは受け付けていません。 トラックバックは受け付けていません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

フィナードスの日

 フィナードスの日(Dia dos Finados。万霊節)は11月2日です。

万霊節(ばんれいせつ)は、死者の日(ししゃのひ。Dia dos Fiéis Defuntos ou Dia de Finados)とも呼ばれ、キリスト教で全死者の魂のために祈りを捧げる日です。ローマ・カトリック教会では正式には「信仰を持って逝った人全ての記念日」と呼ぶばれます。 カトリック教会では、万霊節は諸聖人の日(諸聖人の祭日・万聖節)の翌日の11月2日となっています。(以上、Wikipediaを参照)

フィナードスの日はカトリック教徒にとっては大事な日です。
死者の日



ポルトガル語Wikipediaには、Dia dos Finadosについて次の記述があります。
2世紀ころより、ヨーロッパのカトリック教徒たちの中には、お墓参りをして亡くなった人たちのために祈りを捧げる人がいた。5世紀になると、ローマ・カトリック教会では正式に一年に一度、全ての死者に祈りを捧げる日を設けることを決めた。それは、ほとんどのカトリック教徒が死者のために祈りをするどころか、死者や先祖のことをまったく忘れてしまっている人が多かったためだ。
13世紀に入ると、ローマ・カトリック教会は正式に11月1日の「諸聖人の日」(Festa de Todos os Santos)の翌日の11月2日を「死者の日」と決め、教徒たちが墓地を訪れ、亡くなった人たちのために祈りを捧げる日とした。Wikipedia Dia dos Finados

William-Adolphe Bouguereauによる「死者の日」の画
万霊節1


 フィナードスの日は、今ではカトリック教徒であるなしに関わらず、ほとんどのブラジル人がお墓参りをする日として定着しています。
スポンサーサイト
category : 知識  comment : 1  track back : ×
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。