FC2ブログ

comment for 未年(ひつじどし)






カワイイ虫をクリックすると投稿できます。
↑Clique no bichinho para postar seu comentario
トラックバックは受け付けていません。

未年(ひつじどし)

i-hituji179.png

2015年は未年(ひつじどし)です。

【未】の実際の意味は、干支(えと)〈十二支〉の8番目で、年、日、時刻などに使われ、日本でも西洋式の時間の使い方が明治維新以後入って来るまで普通に使われていました。たとえば巳の刻とか未の刻というように。

未年は、西暦年を12で割って11が余る年が未の年となる。
未の月は旧暦6月(概ね新暦7月)
未の刻は午後2時を中心とする約2時間
未の方は南南西よりやや北寄り(南西微南:北基準右廻り210°)の方角である。
                                (以上、Wikipediaより)

hitsuji300.gif

本来の読みは「み」、漢音では「び」。

「未」は、まだ枝が伸びきらずにいる木の部分を描いたもの。

『漢書 律暦志』では、「昧曖(まいあい)」の「昧」と解している。

これには、果実が熟しきっていない未熟な状態を表すという解釈と、「暗い」の意味で植物が茂り、暗く覆っている状態を表しているという二通りの解釈がある。

『説文解字』では「味」の意味とし、果実に味が生じ始めた状態と解釈している。

本来の意味からすれば、果実が熟しきっていない状態と考えるのが妥当であろう。

これを「ヒツジ」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

(語源由来辞典より)

hitsuji_kakizome.jpg

つまり、2014年の干支が午年(うまどし)であり、本来の意味は馬とは全然関係ないように、未も本来の意味は羊(ヒツジ)とはまったく関係ありません。干支が生まれた中国で、人々におぼえやすいように干支それぞれに動物の名前をつけただけなのです。

animal_horse.png

スポンサーサイト



category : 好奇心&興味  comment : 0  track back : ×